リノベーションをすることで家の価値が高まるので、次世代へ優秀な住居を引き継げます。

MENU

よく耳にするリノベーションとは、英語で修復、革新という意味を持っており、
時代の流れに合わせて中古建物の性能を新築時よりも更に向上させ、快適な住まいを実現することを指します。

 

しかし根本的にリフォームとリノベーションの違いが分からないという方も多いと思うのです。

 

リフォームとは大きく間取りを変えることなく、一部の壁紙など内装を変えることや、
設備機器を新しくするという部分的な修繕工事を呼びます。

 

一方のリノベーションとは、表面的な内装だけではなく、間取りの変更、給排水管の交換、
家の中の性能を高めるための改修工事のことを呼びます。

 

例えば中古マンションを現在のご自分のライフスタイルに合わせた間取りと最新の設備に変えて、
住居丸ごと新築の時と同じ状態に変えてしまうリノベーション物件も増えてきています。
時代が変わるにつれて建物は古くなっていきますが、リノベーションによりその家に新たな価値を与えることができるので、
とても魅力的な住まいとして蘇るのではないでしょうか。

 

新築住宅に比べると、価格も低い設定なので購入後の価格下落も割と緩やかな傾向を持つ中古住宅です。

 

リノベーション費用をかけたとしても、新築に比べれば低コストに抑えられる為、
お得に住まいを得るだけでなく資産価値の目減りが少ないのも特徴的です。
リノベーションをすることで家の価値が高まりますので、次世代へ優秀な住居を引き継げると思います。

 

リノベーションの相談をしている

またリノベーションを前提に中古物件を購入する際は
購入や契約の前に専門家に相談をすることも大切です。
自身が希望するリノベーションに合う物件かどうかしっかり専門家の目で見てもらうことが重要なポイントでもありそうです。
リノベーション会社の中には、物件案内をしてくれる会社も数多くありますのでそのような会社に相談してみるといいでしょう。

 

 

物件によっては老朽化が激しい戸建てもありますので、劣化している箇所の補修や耐震補強にまずは費用がかかってしまい、
いくら物件の購入費が安価でも総額では費用面でデメリットとなる場合もあるので要注意です。
リノベーションを考えている人の多くは中古マンションでリノベーションをしたいという人が圧倒的に多いそうです。
そんな方はリノベーション前とリフォーム前の物件を選ぶことがベストです。

 

リノベーション済みの物件

物件探しでよく見かけるのはリノベーション済みの物件だったり、
すでにリフォーム済みという物件だと思います。
もちろんそのような物件は内装が綺麗に整っており、一見すると古いマンションには見えないのですが、自分好みにリノベーションをしたい人ならここは要注意ポイントです。

 

そのような物件価格には、事前にされたリフォームやリノベーションなどの工事の費用が含まれている場合があるのです。

 

リノベーションを自分でしたいという目的での物件探しであれば、
リノベーションがされていない未改装の物件を選んだほうがお得に購入できます。

 

メンテナンスのイメージ画像

また、しっかりと定期的にメンテナンスされている物件を選ぶ必要があります。
まずは内装よりも気にすべき点は建物自体の健康状態だと思います。

 

例えば過去の修繕履歴、今後の修繕計画、修繕積立金などの積立状況などをしっかりチェックする必要がありそうです。

 

たとえ良さそうな物件でも定期的なメンテナンスを怠っている事で修繕にかかる積立金が貯められていないと長くは住めないですよね。
まずはリノベーション会社や仲介会社に相談してその点をしっかりチェックすることが大事です。

 

リノベーション業者を探すならこちら⇒大手リノベーション業者まとめ

 

マンション

そして何よりも築20年以上の物件を選ぶことがおすすめです。
資産価値の点でなるべく損をしないために押さえておきたいのは築20年以上の物件が大きなポイントです。
マンションの場合ですと、多くの建物が新築時から築年数を経るごとにその価値が減っていき、
20年ではおよそ半分にまで下がる
と言われています。
またその時点から築35年に向いだんだんと下落するので築20年時の価値から約90%ちかくにまで価値が下がるそうです。

 

リノベーションによって内装の古さや汚れは解消されるので、割高な物件よりも価値が下がりにくい築古物件を探すことで優良な住まいを手に入れられると思います。