老朽化した設備を修復するのがリフォーム、性能や価値を高めるのがリノベーションです。

MENU

リノベーションとリフォームの違い

 

リノベーションとリフォームの違いについて考える

リフォームとリノベーションは混合されやすく、線引きも曖昧で一部の不動産業者はリフォームしただけなのにリノベーション物件と表記することもあります。

 

リノベーションが普及したのは比較的最近のことで、リノベーションと聞くだけで高級感があってトレンド物件のイメージを抱きます。

 

それぞれの定義は次のとおりです。

 

リフォーム:老朽化した設備を元の状態に戻す
リノベーション:用途や機能の変更や性能を向上させて価値を高める

 

 

 

居住者の行うリノベーションと不動産業者の行うリノベーション

 

居住中の家を改修する際は、既存の設備以上にパワーアップしたり使い勝手を変更することがリノベーションになります。

 

たとえば間取り変更をしたり、ウッドデッキを増築することがリノベーションです。
古くなったキッチンを交換するだけならリフォーム、外付けコンロのキッチンをシステムキッチンにアップグレードしたり、キッチンの位置を変えてカウンターキッチンにするのはリノベーションです。

 

不動産会社が再販を目的に行うリノベーションは既存設備の変更よりも価値を高めることを目的にしていることが多いです。

 

本来は設備や壁紙を全体的に新しくするだけであればリフォームに該当しますが、家を綺麗にすることで不動産価値を高める効果を期待しています

 

たとえば、中古マンションを2,000万円で買取して、現状で販売する場合2,200万円で売りに出しても買い手がつかないような物件でも、300万円かけてリノベーションすると2,500万円ですぐに売れることがよくあります。

 

リノベーション費用を差し引いても現状販売するよりも100万円高く売れるため、不動産業者は投資してでもリノベーション物件にして再販しています。

 

現状販売するよりもリノベーション済み物件は利幅を取っているケースが多いですが、購入者から見ると内覧したときの印象が良くて検討しやすくなります。

 

消費者心理では、リノベーション物件は割高というネガティブなイメージよりも、流行を取り入れたお洒落で住みやすい家というイメージが強いです。

 

リノベーション物件を特集したり、リノベーションを得意にしていることをアピールする不動産業者は多数あります。

 

 

価値を高めるリノベーションはコツがある

古い家を売ろうとするときに、売主がリノベーションして売った方が簡単に儲かると思われがちですが、リノベーションは全て価値の上がるものではありません

 

多くの人に興味を持ってもらえるように流行を取り入れて万人受けするものにしないといけませんし、設備のグレードも安すぎず高すぎず丁度良い物にしないと売れません。なかには素人が独自のセンスでリフォームした結果、買い手が見つかりにくくなってしまうケースもあります。

 

また、価値を高めるには適正相場か安い価格で工事をする必要があります

 

リノベーションを得意にしている業者は、提携業者に特別価格でリフォーム工事を依頼していることが多く、個人が割高なリフォーム業者を使ってしまうと費用以上の価値をつけるハードルは上がります

 

リノベーションにはコツがあり、先行投資するリスクも伴うため、仲介ではなくリノベーションを得意にする業者に売った方が不動産物件を高く売れることもあります