一級建築士による住宅診断を行った場合、別途10万円程度の診断料がかかります。

MENU

費用・相場

さてリノベーションには一体どの程度の費用がかかるものなのでしょうか?
リノベーションを考えているけど、実際にリフォームをする場合とどの点がお得なのか気になるところだと思います。

 

新築の一戸建てはチラシなどでよく坪単価○○万円などの謳い文句を見て購入を検討すると思います。
それと比較してリノベーションは単価で表すのは難しいのです。

 

費用

 

その中でも一戸建ての中古住宅のケースですと家の老朽化や状態の度合いによったり、
どこまで手を入れるかによっても費用が変動してきます。

 

基礎補強だったり柱の入れ替えなどを含めた構造体を大きく変えることで、
電気設備や給排水設備などすべてを新しくするとやはりそれだけの費用がかかりますよね。

 

マンションのケースですと専有部だけの工事になることが多く、一戸建てと比較すると坪当たりの費用は比較的出しやすい傾向ですが、
どこまで手を加えるかで費用が変動する為一概には言えないところがあるようです。
リノベーションの費用相場は工事の内容や建物の大きさによって様々だと言えます。

 

設備やデザインにこだわるほど値段も大幅にかかってきてしまいますが、
構造部だけを残した骨組の状態であるスケルトンからフルオーダーでお願いする場合は、
およそ900万円~1500万円はかかってくるそうです。

 

また家が変われば何かと家具や家電も新しくしたくなるので家具などの費用も別にかかってきます。
リノベーションの前に一級建築士による住宅診断を行った場合はおよそ10万円程度の診断料が別費用でかかってきます。

 

そしてその診断結果によっては補強や補修にかかるコストも変わってくることもありますよ。
しかしコストはかかったとしても住宅診断により建物の危険な場所を知っておくことは家選びにはとても大切なことなので
コスト削減のために削ってしまうのはやめましょう。

 

リノベーションをする機会で家の状態を知っておき、事前に対策を行っておけばその家に長く住み続けるうえでも安心と言えます。