リフォームは新築当時の性能に戻すことであり、リノベーションは新築当時よりも性能を向上させます。

MENU

リフォームとの違い

住まいの改修としてよく知られているリフォーム。
そんなリフォームとリノベーションとの違いが分からないという方も多いようです。

 

まずリフォームとは古くなった設備や内装を新しく変えることや、間取りを変えることを指すのですが、
住まいの改修すべてに共通する言葉としても知られています。

例えばクロスの張り替えだったり、古くなった設備を取り換えるなどの、
大がかりな改修や増築を一般的にはリフォームと呼んでいます。

ですからリフォームとは、どちらかというと古くなったものを新築の状態に戻すというニュアンスで捉えてください。

 

それと比べてリノベーションとは中古住宅に新しい価値を生み出すという意味で使われます。

古い建物の良さをそのまま活かしながら給排水や電気、ガスなどの配管を全て一新し、
新築時以上の性能を生み出すことで知られています。

リノベーションにより住む人の好みの間取りやデザインにすることで中古住宅なのに、
新たな付加価値を生み出す方法として人気が高いものです。
近頃では住宅購入の新しい方法としてあえて中古マンションや一戸建てを購入して、
住まい手の好みに応じた改修を行うリノベーションが増えてきています。
リノベーションは古いものを再生させようという良い意味があるのです。

 

家を購入するイメージ

住む人のライフスタイルに合った中古物件を再生するので、お気に入りの住まいを自分で作れてしまいます。
リノベーションはリフォームとは違い建物の躯体をそのまま生かす方法なので土地を購入して新築の家を建てたり、新築マンションを購入したりするのではないため割と安価で住まいが手に入るのが特徴です。

 

例えば都内でマンションや一戸建てを購入する場合、大きな出費を要しますが、
リノベーションならば必要な費用を抑えられてお得です。

 

中でもマンションの立地にこだわる方は新築マンションは難しくても中古マンションをリノベーションすれば希望の土地に住まいを得られることもありますよ。