フルリノベーションとは築年数が経過した家を新築のような家に性能を高めることです。

MENU

フルリノベーションとは?

 

リフォームや不動産販売では「フルリノベーション」という言葉を使う業者が多いですが、定義は曖昧です。
一般的なフルリノベーションは、「間取り変更も伴うような大規模改修」と「これ以上手直しする必要がない状態にする」です。
フルリフォームとも共通点が近いです。

 

 

究極のリノベーション&リフォームはスケルトン

 

建築用語でいうスケルトンとは、壁をほぼ撤去して一度家を柱をむき出しの状態にして内装や設備をイチから作り直すことです。
一戸建ての場合は外壁や屋根まで撤去することもあります。

 

リノベーションやリフォームの究極系で、柱以外を全て撤去するものはフルスケルトンと呼びます。
フルスケルトンにしなくても、ほとんどの柱をむき出しにするようなスケルトンであれば、フルリノベーションに該当します。

 

スケルトンは間取り変更をしやすく、壁も新しくして柱の状態に合わせて補修もできるので建物全体の耐久性を高められます

 

一戸建てのフルスケルトンは建て替えよりも高額になるケースもあり、用途地域の変更や建築基準法の改正で、再建築不可やセットバックの問題を抱えている際によく使われます。

 

 

 

最低条件は水回り設備を総取替え

 

家の中でも老朽化が目立ちやすく、不具合の多い部分が水回りです。
フルリノベーションやフルリフォームは主要な水回り設備を全て交換していることが最低条件と言えます。

 

  • キッチン
  • お風呂
  • トイレ
  • 洗面台

 

以上の4点は必須、洗濯機置き場や屋外になる水道の蛇口程度は、そのままの状態でもフルリノベーションと表現することは可能です。

 

さらに、目に付く壁紙も全て交換にすることが望ましいです。
フルリノベーション物件でも床はそのままになっているケースが多いです。

 

しかし明らかにフローリングが傷だらけだったり日焼けしている畳のままだと、フルイノベーションとは呼びにくいです。
パッと見た時に室内が新築と同等に近い状態がフルリノベーションの一つの目安です。

 

 

古い構造がそのままの状態はフルリノベーションとは呼びにくい

住宅は流行が変化していて家の設備や装備で建てた年代を感じられるものです。

 

すべてを最新の流行設備に変えるのは難しくても、極端に古い設備をそのまま(新品交換含む)にしているとフルリノベーションとは呼びにくいです。

 

設備を単純に新しくするだけならフルリフォームになるので、リノベーションは価値を高めることがコンセプトで古い家を新しい家のようにアップグレードすることが大切です。

 

トイレが和式だったり、お風呂は追い焚きなしでユニットバスになっていない、洗濯機の排水口は匂いが上がってこないような構造になっていないケースはフルリノベーションとは呼べません。

 

一昔前に流行だった出窓がある構造だったり、横開きの雨戸などは簡単に変更することは難しいですし、ロフトや床暖房の新設もコスト的に簡単なことではありません。

 

物件によっては費用的に困難な改修内容もありますが、元の物件に対してできるかぎりのことをやっているかもフルリノベーションの判断ポイントになります。