500万円あれば水回りを全て交換するなどのフルリノベーション工事が可能です。

MENU

リノベーションにかかる費用

 

リノベするのにかかる金額

 

リノベーション費用はピンキリで工事をする範囲や導入する設備次第です。

その費用は千差万別価格帯別のリノベーション事例と相場をまとめました。

 

100万円以下のリノベーション

 

リノベーションは100万円以下でできることもたくさんあります。
たとえば、壁紙をお洒落なものに変えるだけでも立派なリノベーションです。

 

100万円以下で行うリノベーション事例は以下のものがあります。

 

壁紙交換

リノベーション向けのお洒落な壁紙の相場は1,500円~1,800円/平米(㎡)です。
単価は延床面積ではなく壁の面積です。

 

6畳の部屋の壁紙を変える場合、壁が30平米、天井が10平米ほどです。
6畳の居室3部屋と15畳のリビング、その他廊下やホールの壁紙を全て交換する費用は、およそ30万円~50万円です。
賃貸向けのシンプルな白い壁紙であれば平米単価1,000円ほどで行っている業者もあります。

 

畳からフローリングに変更

古い物件は寝室が和室になっていることが多く、最近のトレンドは全室フローリングです。
中古物件だと畳が古くて汚くなっていることからフローリング化のリノベーションは人気です。

 

床材のグレードによっても変わり、元が畳の部屋は高さを揃えるために2重構造のフローリング化工事をするのが一般的です。
6畳の畳の部屋からフローリング交換する費用は、畳の処分、運搬費、工事費、材料費を含めた総額で10万円~15万円ほどです。
家の中全体を無垢など高級なフローリング材に交換すると100万円以上かかることもあります。

 

トイレ交換

古いトイレは汚いだけではなく、水道代がかさみウォシュレットのついていないものが多いです。
最新の節水型トイレは本体価格10万円~15万円壁紙や床の工事費を入れて相場は20万円~30万円です。
衛生面の問題もあり、トイレだけは新品を使いたいという要望は多いです。

 

洗面台

リノベーションでは、シンプルでお洒落な洗面台交換が人気です。
安いものでは工事費込みで10万円ほどからできます。豊富な収納やシャワーヘッド付きの機能性を重視したものへアップグレードする需要も多く、高いものでも20万円~30万円ほどで交換できます。

 

 

 

100万円以上のリノベーション

 

不動産会社が再販のために行うリフォーム費用の相場は300万円~500万円です。
500万円あれば、水回りを全て交換するなどフルリノベーションと呼べるだけの工事をできます。

 

間取り変更

壁の除去や増設は15万円~30万円ほどでできますが、壁紙全体を新しくするなど付随費用も含めて100万円弱かかるケースが多いです。
ウォークインクローゼットを増設するなど、こだわり条件があれば費用はかさみますし簡易的な間取り変更なら30万円以下でできるものもあります。

 

外壁の塗り替え

一戸建ての場合はメンテナンスの観点でも定期的な外壁リフォームが必要です。
中古の家を買った時は家の雰囲気や見栄えを変えるために、色を変えたりサイディング化する外壁工事が人気です。
使う塗料のグレードや家の広さによって変わりますが、一般的なシリコン塗料を使った外壁、屋根の塗り替えで100万円~150万円が相場です。グレードをあげると300万円前後かかることもあります。

 

風呂

ユニットバスへの交換で100万円前後が人気の価格帯です。

 

キッチン

システムキッチンで総額100万円ほどが目安です。
キッチンはグレードがピンキリでこだわると300万円以上かかることもあります。

 

 

 

不動産屋が行うマンションリノベーションの一例

 

場所 金額
ユニットバス工事 100万円
キッチン交換 100万円
トイレ交換 25万円
洗面台交換 20万円
壁紙張替え 30万円
畳からフローリングへ張替え 15万円
合計 290万円