リノベーションは新築と比較するとコストも削減できるので、立地の選択肢が大きく広がります。

MENU

メリットとデメリット

リノベーションのメリットは何と言っても自分の好みで内装を選び組み合わせることができるので、
自分の好き勝手に自由な生活空間を作れるところではないでしょうか。
住居のインテリアや間取りのイメージは人それぞれ違いますので、世界で1つしかない住まいを作ることができます。

 

内装や作りに強いこだわりがある方や、自分好みの内装にしたい!という方にはリノベーションが向いていると思います。
リノベーションにするのなら中古の戸建や中古マンションを購入することが多くなるので、
新築と比較するとコストも削減できるので立地の選択肢が大きく広がりますよね。

 

自分の理想の住みたいエリアや、閑静な住宅地、海が近い住居など
細かい環境の条件を満たすことができる戸建やマンションを探し出せる可能性もあるのです。

 

同じ条件で新築を購入する際の費用と、中古を購入してからリノベーションする場合とでは費用を比べてみると、
中古を購入してリノベーションする費用の方が約30%程安く収まることが分かっています。
リノベーションの費用や相場

 

 

しかしそんなリノベーションでもデメリットもあります。

 

中古の戸建やマンションを購入する時は築年数が重要となってきます。
その理由は建築基準法の改正で基準が引き上げられたり、今と比べて昔の方が管理にあまり厳しくないため
手を抜いて工事をされているケースもあるのです。

 

地震と大きく関係する耐震性なども現在の法律の基準を満たされていない中古マンションなどもあります。
そのため現在の耐震基準を満たす性能に変えようと思うと逆に費用がかかってしまう弱点もあります。

 

またコンセプトや住居に対するイメージに強くこだわる方は、建築士との打ち合わせ期間も長くなるので、
完成させるまでに非常に時間がかかってしまうことも。
やはり理想の住まいにするためには建築士との打ち合わせ時間はとても大切な為、

  • 仕事で忙しくて打ち合わせの時間が取れないという方
  • 早く住み替えたいという方

はリノベーションは向いていないと言えるでしょう。