引っ越しのデッドラインを決め、その2カ月前には工事が終わるようにスケジュールを立てます。

MENU

リノベーションの期間

リノベーションではどのくらいの費用がかかってくるのかと同じくらい気になるのはその工事期間ではないでしょうか。
リフォームに比べるとリノベーションの場合は長い工事期間を要することになります。
ですのであまりにも無計画に進めてしまえば、その後の生活に大きな支障が出てしまうので気を付けたいところです。

>>リフォームとの違いとは?

 

事前に具体的な工事のスケジュールを把握しておき、

  • 仮住まいは何カ月くらい借りておくべきなのか
  • どのタイミングで引っ越しをした方が良いのか

など、割と余裕をもって計画を立てることが大切です。

 

部分的なリフォームで済ますのならば大きな工事でも約1~2週間程度で終りますが、
建物を全面的に一新するリノベーションでは設計期間を含めておよそ5カ月くらいはみておくと良いと思います。

 

工事のスケジュールは色々と積めた段階で提示されますが、場合によっては遅れが出てしまうこともあります。
リノベーションは特に施工の段階で予期せぬ事態が起こることがあるので、
多少の遅れを予想して余裕のある計画を立てることでストレスもたまらないと思います。

 

やはりギリギリのスケジューリングになると色んな不都合が生じる可能性もあるのです。

例えば旦那さんの転勤を機に合わせて引っ越しをするはずが、叶わず会社から遠い仮住まいからの通勤を強いられる場合もあるからです。
そしてきりの良いタイミングで賃貸との引き継ぎが出来ずに余計な賃貸料がかかったりしてしまうケースもあります。

 

工事現場の職人さん

スケジュールを立てる際は引っ越しのデッドラインを決めその2カ月前には工事が終わるようにしましょう。

 

そうなるとなるべく現場に足を運び、細かく進捗状況をチェックすることが大事だと思います。
工事現場の職人さんには興味関心を抱いている様子をアピールしてみたり、差し入れを持っていくことで
施主が積極的に協力してくれますよ。

 

そして工事がスムーズに問題なく進み結果としてスケジュール通りに動くことが出来ると思います。