立地条件の良いマンションをリノベーションした場合、資産価値を上げることができます。

MENU

資産価値アップにも

マンションは大体30年ローンと言われており、マンションの寿命も大体そのくらいだろうと考えている人が多いと思います。

 

しかし本当はもっと長く財務省が定めている建物の減価償却期間は約60年とされていて、償還期間も50年となっているのです。

 

マンション

マンションの場合、管理次第では80年は需要があると考えられているので、
50年だとしても築20年のマンションの場合はあと30年は住める計算です。
築20年の中古マンションの一般的な価格は新築マンションと比べると半額以下、またはもっと低いこともあります。

 

中古マンションでもリノベーションなどすれば、新築以上に快適な住まいに生まれ変わる上に、
リノベーションをすることで中古マンションの資産価値が一気に上がると言われています。

例えば築20年の中古マンションを購入した場合、リノベーションをしたのち10年間住んだとして、
事情により家を売ることになったとしましょう。
それでも法定耐用年数によるとあと20年その家は持つのです。

 

同じマンションでもリノベーションにより別の部屋よりも内装が綺麗に整っていますし、
こだわりのある間取りや仕様になっているため、家の価格を少し高目に設定しても買い手がつきやすいというメリットがあるのです。

 

また売るのではなく賃貸に出すケースでも有効で、同じ築年数の他の部屋よりも人気の高い物件になると思います。
また、中古マンションの立地も大きく関わっていて、立地が良ければその分価格を高目に設定することが可能です。

 

例えば駅から徒歩5分以内のマンションをリノベーションした場合に売り出した物件の家賃が多少高く設定しても
すぐに入居者が決まると言うこともあるそうです。

 

近年ではリノベーションをしても駅からの距離があるため、家賃を値下げしないとなかなか住み手が決まらないと言うこともあるので
立地条件はとても大きいと思います。
80年代~90年代の賃貸マンションの建設ラッシュから現代に移り更にその施工実績は増えていくのではないでしょうか。

 

リノベーション物件紹介