売買契約をする前に概算見積りではなく、本見積りまでしっかり出してもらいましょう。

MENU

中古物件を買ってリノベーション

 

すでに完成されたリノベーション物件もありますが、中古住宅を買って自分でリノベーションして住む方法もあります。

 

中古物件

不動産業者が行うリノベーション物件は、利幅を乗せているケースが多いので、安い中古物件を買って自分でリノベーションした方が総額で安く済みます

 

また、間取りや設備も好みに応じてカスタマイズできるメリットがあります。

 

デメリットとしては受け渡し後に即入居できない期間の問題や、イメージ通りの仕上がりにならなかったり悪質なリフォーム業者に捕まって質の悪い工事や割高な料金になってしまうリスクがあります。

 

リノベーション済物件を買うメリット、デメリットはコチラのページで詳しく解説しています。

リノベーション物件を買うメリットデメリット

 

 

売買契約をする前に見積を出す

 

中古物件を買ってリノベーションするときは売買契約をする前に全ての見積を出しておきましょう

 

不動産仲介会社に依頼すると提携しているリフォーム会社を紹介して見積を出してもらえることもありますし、好きな業者を選んで、購入前に業者と一緒に内覧して見積を出してもらうこともできます。

 

概算見積ではなく、本見積までしっかり出すようにしましょう
ただし、リノベーションの見積は数日かかることもあり、購入を前提にプラン選定している間に他の人に中古物件を買われてしまうケースもあります。
中古物件+リフォームになると高額で失敗の許されない買い物になります。
焦って早い段階で売買契約を結ぶのではなく、リノベーションの内容や料金を入念に打合せして、入居時期の目安まで確定した上で売買契約をしましょう
その間に他で買われてしまった場合は縁がなかったと割り切って考えるとよいでしょう。

 

 

物件によってリノベーションの制限がある

リノベーションするときに確認しないといけないのが、水回りとマンションの規約です。

 

水周りは床下にある給水、排水設備の問題もあるので間取り変更してキッチンや洗面台の場所を変えられない場合があります。
またマンションの場合は下の階への騒音対策が必須で、フローリングを変える場合の床下材の性能基準を設けていることもあります。

 

不動産仲介会社によっては詳細を確認せずに適当な見積を出したり、規約違反の内容で話を進めてしまうケースもあります。
ほかにも間取り変更する場合に壁は外せても太い柱が残ってしまったり、建物そのものの強度に影響を与えることもあります。
やりたいリノベーションができることなのか、制限と弊害の有無を確認しておきましょう。

 

 

ローンのことまで考えておく

リノベーション費用だけでも現金で払えれば問題はないですが、ローンを組む場合は不動産会社と相談して支払プランと利用する金融機関まで事前に話を詰めておきましょう

 

通常のリフォームローンは住宅ローンに比べて金利が高く、リノベーション費用を捻出して住宅ローンの頭金が少なくなると審査が通らなかったり金利が高くなるケースもあります

 

不動産会社によっては住宅ローンを売買契約代金よりも割高に設定して過剰な資金をリノベーション費用や家具、家電の購入費用に充てられるオーバーローンで対応してくれる場合もあります。

 

リフォームローンを利用する場合は、総支払額と利息の金額まで計算して検討しましょう